短期留学・留学の事、教えます

短期留学・留学について説明します
更に解らない事はお電話下さい。

短期留学・留学の違い

留学と短期留学の違いは、学生VISAを取得するか否かです。学生VISAを取らなかった場合、 観光VISAで入る事になります。観光VISAは日本のパスポートの場合3カ月の滞在を許可されている国が多く、 3カ月以内の滞在なら観光VISAでの留学がお勧めです。
簡単に取れる事や費用がかからない事がその理由ですが、就業が出来ない等の条件はあります。
ただしアメリカではどちらにしてもバイト等は出来ません。
観光VISAでの留学をイメージするのであれば、特に短期留学は非常に簡単で解り易いと言えます。

短期留学について

観光VISAでの短期留学は、逆に言うとあまり時間が無い事も特徴です。
人によっては約2週間の滞在・通学という方も多く居ますので、現地で通学先を決める余裕は無いかもしれません。
出国前に滞在先や通学先を決めて、到着後即通学というパターンが一般的で安全です。
しかし、1週間でも余裕があるのであれば、現地に着いてから学校を探す事をお勧めします。
どこの学校が良い学校なのかは、行ってみないと解りません。
どんな生徒が居るのか、学校の雰囲気が良いかなど、行ってみないと解らないものです。
また、留学生にアルバイトを許可するVISAを発給する国は少ないのでどうしてもバイトをしながら 海外滞在を希望する方はワーキングホリデー(ワーホリ)をご参照ください。
学生VISAを取得すると通学証明やフルタイムでの就学義務が課せられ、語学学校程度であれば、 とても窮屈に感じるかもしれません。
反面、観光VISAでの留学は自由度も高く、好きな時に好きなところに行ける事も特徴です。
2週間~2ヶ月ぐらいの長期観光に語学学校を付け加える、という考え方が近くなります。
長期観光で海外滞在なので短期間では無い気の緩みが出てしまう場合もありますので、 海外に居る自覚を常に持ってもらえれば、非常に気楽に出来る方法と言えます。

短期留学の利用法

短期留学を何の為に行うか?に関しては、よくご質問されます。
当然人それぞれなので解答はありませんが、弊社としては以下のような方に向いていると思います。
 1.大学受験や就業の為に英語を緊急で覚える必要がある
 2.現地大学に通いたいので視察と語学習得を兼ねて
 3.ワーキングホリデーの期間を有効に使う為の前準備
 4.リフレッシュ
という感じです。つまり何らかの為の準備、知見を広げる為の旅行と同じ考え方、 単純に自分の休息、というような考え方になりそうです。
これはご自身に理由があれば問題ありませんが、目的が決まるとその後の行動が上手く決まります。
ご自身で考えてみてください。

留学(長期)について

長期の留学は一般的に語学留学というケースは少ないです。
語学なので言語学としての追及をせずに一般的な会話を覚える意味では、約3カ月~6カ月の滞在で、 十分な理解を得る事が出来ると言われます。
通常の留学・長期滞在はその国に長期で居たいという理由を除くと、現地大学の通学が一番の理由になります。
現在弊社では現地大学への留学については対応していませんが、ご要望をお聞かせ頂ければ最適な協力会社をご紹介させて頂きます。
ご確認の意味も含め、ぜひご連絡下さい。

Copyright(c) 2014 MiraiStart Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com